少し前の話なのですが、横須賀→浜金谷(千葉)を巡航するフェリーに乗ったので、
下の画像のようなコントロールフィールドを作ってみました。

10523207_10203102401268765_9182618549971882907_n

全長11km。

面積は、ざっくり計算すると 
131m × 11000m / 2 =144万 平方メートルとなりました。

【 気になるMUsは? 】

さて、このくらいの大きさのコントロールフィールドであれば
MUsもそれなりの数値になるのではないかと聞かれる事があるのですが、
結論としては400MUs程度でした。

横幅をもうちょっと欲張って長くすれば、数千MUsも狙えたという事になりますね。
(ちょうど自分の後に、実践した方がいらっしゃいました)

なお、全くXMが浮遊していない海上にCFを作った場合、
MUsがほぼゼロになるという事もあるそうです。

今回の場合は、
フェリーの運行ルート上にXMが浮遊しているため
ゼロにはならずにすんだようですね。

ただ、144万平方メートルでたったの400MUsという事は、
やはり面積に対してのMUsは大きくないように感じられます。

【 このCFの作り方は? 】

手順は簡単で、
[1] フェリー乗り場付近で数個のポータルを自軍の色にして、対岸からリンクできるようにつないでおく
(この時、CFにしない方が対岸からリンク出来るポータルが増えます)
[2] フェリーに乗る前に、ポータルキーを取っておく(できれば1ポータルあたり3つほど。)
[3] フェリーに乗って移動 (フェリーに乗っている間に攻撃される事もあるので、一応リチャージはしましょう)
[4] 対岸のポータルからリンクを張る

[1]の注意点
・フェリーに乗る前にフェリー乗り場のポータルを落とすだけでは、
 他の乗客や、周辺住民にあっという間に落とされてしまいます。
 それを避けるためには、フェリー乗り場から少し離れたポータルを確保しておくのが好ましいでしょう。

 また、2つのポータルの「角度」にも注意が必要です。
 対岸に向かって、なるべく直角になるように2つのポータルを選びましょう。

[2]の注意点
・ポータルキーを1つしか取っておかないと、1つのポータルに対して1つのリンクしか引けません。
 2つでも、2つのポータルからリンクを貼れば
 リンクを張った時点でポータルキーがなくなり、リチャージができなくなります。
(アイテム出現数が減っているので4つは難しそうですが、2〜3つは最低でも取っておきたいところです)

[3]の注意点
実は一度目のチャレンジの時、横須賀港から浜金谷港に移動する30分前後の間に
横須賀側のポータルが落とされてしまいました。

横須賀側はエージェントの活動も活発のようなので、
特に横須賀→浜金谷に移動する際には気をつけましょう。

なお、浜金谷側はエージェントの活動があまり活発ではないようなので、
ガーディアンを狙うエリアとしては良さそうだなーと思いました。
(もちろん港や駅は人通りがあるので、そこから離れた神社など)

自分がオーナーになった時は運悪く7日ほどで潰されてしまったのですが、
7日間はダメージ通知すら一度もなかったので、
「たまたまエージェントが通り掛かる」事さえなければ
1〜2ヶ月は普通に持つのではないかと思います。

以上で、横須賀と房総半島をつなぐコントロールフィールドが構築できます。

コントロールフィールドが大きい分 目立つのですぐに攻撃されるとは思いますが、
大きなCFを作るのは気持ちの良いものですので、
横須賀や房総半島に行く機会があれば是非試してみてもらえればと思います。

横須賀は激戦区ですが、房総半島はガーディアン狙いのポータルを仕込む場所としてもオススメです。


« »