先日、L9以上になるとミッションを作成できるようになったとご紹介しましたが、
これにより一部のエージェント間ではトラブルも起きているようです。

◎味方勢力の強いところでミッション作成 → 味方陣営のファームを崩されるのではという心配
◎敵勢力の強いところでミッション作成 → 敵陣営が怒らないかという心配

…という事で、両陣営の調整役にとってはどちらも心配の種になってしまうようです。(お疲れ様です)

古参のエージェントさんに聞いたところ、
古参エージェント同士ではある程度、敵方ファーム内にミッションを作ったりしないよう
配慮しあうような動きもあったそうです。

運営からも「ポータルは個人の物ではない」という趣旨の声明が出たことがありますが
現実には、ガーディアン対象のポータルを必死に守っているエージェントもいるわけで、
意図的にせよ偶然にせよ、そのポータルをミッションに指定されてしまう側は
心中穏やかではないでしょう。

しかし、レベル9までのエージェントにミッション作成が出来るようになり、
今後はその不可侵条約(あるいは暗黙の了解)も崩れてしまうと予想されます。

ミッションの総数自体も一気に増えていくと思われますので、
人気のミッションと、そうでないミッションの差も広がっていくと思われます。

「そこまで人気になることも無いだろう」とたかをくくって作ったミッションが
思いの外 人気になってしまう…という事態も考えられます。

いずれにせよ、変なところで恨みを買わないためには、
ミッション作成は「元々エージェントが多いエリア」で考える方が良いのかもしれません。


« »