ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、インドネシア、スイスにて、AXAグループの支店ポータル化が始まりました。
日本では、2015年からポータルになる模様です。
2014-12-17 18.10.32

今回、アクサとのコラボでは、世界2万店以上のアクサの支店がアクサブランドのポータルになる。まずはドイツ、イタリア、ポーランド、インドネシア、スイスで17日より登場し、日本や米国、その他の国では2015年より登場する。ポータルだけではなく、新たに「AXA(アクサ)シールド」というアイテムまで登場する。このシールドは、敵の攻撃からポータルを守るもの。本誌がNiantic Labs創設者のジョン・ハンケ氏にインタビューを行った際、同氏は「AXAシールドの効果はゲーム中で最強(Most powerful shield)」だと語っていた。一般的なポータルからも入手可能とのことだが、アクサブランドのポータルからの出現率が高いという。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20141217_680610.html

すでに海外で入手した方の話によると、AXA ShieldのMitigationは70。

VeryRarePortalShield(VRPS)は60なので、
VRPSよりもさらに強固なシールドであると言えます。

AXAポータルからの出現確率が高くなるように設定されているようですが、
一応他のポータルからも出てくる可能性はあるようです。

さて、ここで気になるのが
「日本でポータル化される支店はどこか」という事ですよね。

「AXAブランドのポータル」と書かれていることから、
AXA生命だけ、AXA損保のどちらかに限らず、グループ会社にも適用されそうな感じがしますね。

日本ではAXAグループの企業として、下記の会社が事業展開している模様。
(住所は本社のみ記載)

「アクサ生命保険」
@東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー
(AXA S.A. の子会社。旧アクサ生命保険とアクサジャパンホールディングと合併。)

アクサ CCI 250支店
アクサ FA 26支店
アクサ エージェント 13支店
アクサ コーポレート 32支店
アクサ 金融法人チャネル 6支店

↑各拠点の具体的な所在地は、上記リンク先をご覧ください。

以上、拠点の数を単純に合計すると327箇所。(ただし重複する住所もあり)

ちなみに、各チャネルの概要は下記の通り。

http://www2.axa.co.jp/info/branch/
>アクサCCI
全国の商工会議所の共済制度/福祉制度の引受保険会社として、専門知識を持った専任の営業社員を通じて経営者のリスク対策、事業継承対策、従業員の福利厚生プランの提案などを行なっています。
>アクサFA
フィナンシャル・プランニングの知識を有するフィナンシャルライフプラン・アドバイザーが、お客さまの生涯を通じて、ライフプラン・アドバイスや資産形成ニーズに合わせたソリューションの提供など、付加価値の高いコンサルティングサービスを行なっています。
>アクサ エージェント
保険プロ代理店、税理士、公認会計士、保険ショップなど、全国約3,000のプロフェッショナルな代理店を通じて、個人・法人顧客に対するリスクマネジメント・コンサルティングサービスを展開しています。
>アクサ コーポレート
企業や官公庁、各種組合などの団体向けに企業の福利厚生制度導入のサポートを行なっています。約1,700を超えるそれぞれの企業・団体の従業員、その家族、退職者の皆さまのニーズに合わせて最適なソリューションを提案しています。
>アクサ 金融法人
銀行や証券会社などの金融機関と連携し、変額個人年金保険などの資産形成型商品の窓口販売を通じて、お客さまの資産形成に最適なソリューションをご提供しています。

「支社」と「営業所」の両方が入るのか…みたいなところも気になります。

「アクサ損害保険」
@東京都台東区寿2-1-13 偕楽ビル
自動車保険の「アクサダイレクト」を提供。(アクサ生命保険の子会社)

東京、横浜、大阪、福岡、名古屋、仙台、札幌、広島にオフィスあり。
→8箇所?(コールセンターなどは除く)

「アクサダイレクト生命保険」
@東京都千代田区麹町三丁目3番地4号 KDX麹町ビル8階
インターネット専業生命保険会社。(アクサ生命保険の子会社)
本社のみ?→1箇所

「アクサ収納サービス」
@東京都中央区日本橋小伝馬町14-7 アクサ小伝馬町ビル
保険料などの収納代行、収納業務に関する入力業務などの事務処理の代行。(アクサ生命保険の子会社)

「アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社」
アクサ生命保険の子会社ではなく、アクサ・インベストメント・マネージャーズの日本法人とのこと。

自動車保険のアクサダイレクトがある一方で、
ネット専業の生保会社としてアクサダイレクト生命保険もある…
というのは非常にややこしいですね。

「2万店舗」というのがどこまで含まれているのか気になるところですね。
2014-12-17 18.17.31
コーポレートサイトを見たところ「保険事業」を行っているのは
アクサ生命、アクサ損保、アクサダイレクト生命の3社だと紹介されているので
アクサ収納サービスは対象外になる可能性が高そうです。

また、アライアンス・バーンスタイン株式会社は「アクサブランド」ではないため
これも対象外になりそうですね。

アクサダイレクト生命は、ネット専業ということですので、どうなんでしょう。
対象になるかどうか微妙なところですね。

アクサ生命保険とアクサ損害保険の本社・支社までは入りそうですが、
アクサダイレクト生命保険、アクサ収納サービスあたりは微妙なところですね。
ローソンでも、ナチュラルローソンは対象外でしたし)

続報があればまたお知らせします。


« »